◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
結婚祝いの金額、相場
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


遠方から披露宴に出席する場合は交通費を負担してもらえることもありますが、交通費に関してはお祝い金とは無関係とするのが普通です。
結婚式に遠方の方を御招待するときは旅費、さらには宿泊費も招待者側が負担するのが礼儀だからです。
一緒に出席する友人がいるのなら、友人と相談して金額を決めても良いです。例えば、5人いるなら、全員3万円出して、そのうち2万円ずつをお祝い金として、1万円ずつを足して5万円の品物を贈るというのも良いです。
お祝い金は新札で用意します。
披露宴に出席できないときは、出席した場合の3分の1から半額くらいを贈ります。
子供も一緒に出席する場合、子供の料理が用意されている場合は、
大人の3分の1から半額くらいかける子供の人数分のお祝い金を加算して贈ります。
お祝金をもらったら、お返しをします。
そのお返しのマナーにはいろいろあって、内祝いの相場やお礼の手紙を送る時期、熨斗(のし)などがあります。
たいていの場合は、披露宴に招待したときに引き出物を渡すことが多く、熨斗の書き方は連名です。

i-mobile

前半を読む
PC版で見る
(C)結婚祝いの金額、相場