◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
結婚祝いの金額、相場
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


結婚祝いのお祝い金の相場は、結婚する本人との関係、お祝い金を出す側の年齢、地方の慣習などで、3から10万円くらいです。
披露宴に普通に友人として出席する場合は、3万円と考えても良いです。
結婚式場の料理はだいたい、1万から2万円くらいで、引き出物が5千円くらいなので、だいたい、平均的に3万円くらいのお祝い金がもらえると仮定して、披露宴の費用は設定されているようです。
会費制のウエディングの場合は、会費以外のご祝儀はいらないことになっています。
北海道では会費制で行われることが多いそうです。
お祝い金の相場は3万円から10万円くらいですが、普通は3万円で良いです。
親戚でお祝い金を出す側の年齢が高い場合は、5万円で、兄弟姉妹は10万円出すことが多いです。
兄弟姉妹でも20代なら5万円です。
この相場は一般的な金額で必ずしもこの金額にする必要があるわけではありませんが、
避けるべき金額というものはあります。
偶数は割り切れるので、縁が切れるとして避けられます。
しかし、最近では2万円はペアという意味でOKです。
8万円や10万円も大丈夫です。
4万円や9万円は未だに避けられています。
だいたいのお祝い金の相場は3万円から10万円くらいですが、これは、現金と品物を合わせた金額として考えてよいです。
月収の5%が目安といわれていますが、月収の5%で3万円となると月収60万円です。無視して、3万円と考えましょう。
結婚祝い金を渡す場合と、品物を贈る場合がありますが、両方の場合も結構あります。
プレゼントギフトのランキングで、最近人気があるのがウェッジウッドの品物で、フォトスタントが特に人気があります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)結婚祝いの金額、相場